スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有田陶器市の写真
約1ヶ月ぶりに、ひっそり更新。。。
今年は沢山買う気満々(日常使いの!)でリュック背負って行ってきました。
この日は黄砂が一番ヒドイ日で、写真が霞んでいるのはそのためです。
有田陶器市の写真
こういうお店では1つ100円とか200円のものから3つで1,000円、2,000円のものなどワゴンから掘り出し物を探す楽しみがあります。
好みのものを安く見つけたときは買うべき。少しでも迷ったら買わない。何軒か回ると同じものが違う値段で見つかることもあるから。
大皿や深鉢など、同柄揃えで必要ないものは狙い目。お皿をくるっとひっくり返してみると、なかなかのブランドだったりする。で、目利きになったような気分になれる。
有田陶器市の写真
宮内庁御用達、富士山のマークの深川製磁本店。
私は今回はここ狙い。ここの柄が昔から好きです。全然飽きないし、肌の滑らかさが違います。
タイムサービスがあるからゆっくり見ていったほうがいいです。
私は中は見るだけ~~外にワゴンがあって、急須2つ、お茶碗をGETしました。
有田陶器市の写真
ここは色鍋島 今衛門窯。こんな素敵な建物がたくさん並んでいます。
今回寄らなかったな。急に思い立って出かけたので買うもの捜しが優先。残念。
勝手に持って行っていいよ~って書いてあるお皿から、100円、1,000円のもの、何十万、何百万もするものまでズラリと並んでいて陶器市は楽しい♪
有田陶器市の写真
香蘭社。色がきれいで、蘭とかバラの柄などお花のイメージ。和食器ももちろんきれいなんですが、私は深川の和柄が好きだから。。。でも、ここのエメラルドグリーンはすごく美しいです。私の好きな色。
私は深川は緑茶、香蘭社は紅茶、そんなイメージ。みなさんはどうでしょう?
今回初めて知ったけど、タイムサービスでオークションやってました。といっても値段は400円とか500円。何か欲しかったけど、なかなかタイミングがつかめず声がかけられず。。。来年は頑張って勇気だして参加してみよう。
有田陶器市の写真
有田焼きの祖 李参平(りさんぺい)が発見した白磁鉱です。この石(泉山陶石)が良質の磁器の原料になったから有田は磁器の町として栄えました。
有田陶器市の写真
今は使われておらず、数年前に聞いた話では今では熊本県天草の石を使用していると陶芸家の方に聞いたような・・・間違っていたらごめんなさい。
仮面ライダー(ここもたぶん。。。他の対戦ものだったかも)の撮影に使われたりしたそうです。

ところで有田焼って磁器なのに、なんで有田陶器市ってネーミングになったんでしょう。
なんとなく、音がよかったからかな?
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://cocon314.blog115.fc2.com/tb.php/127-0a08236c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。