スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復興を願って
この度の地震により被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

地震当日、ももの卒業式でした。
幸せと感動の日で終わるはずが、帰宅のとたん未曾有の大災害に襲われた様子がテレビで流され、
息を呑んで見守るしかない自分のふがいなさを痛感しました。
日々事態は深刻度を増し、自然災害の恐ろしさと人災による憤り、身近なエネルギーである電気のしくみについていかに自分が無関心で無知であったか、毎日の何気ない生活の一つ一つがいかに幸せなことなのか考えずにはいられません。

九州に住む私たちは、その様子をテレビやラジオで見るに付け一人ひとりが『自分になにができるか』と考えていました。しかしその矢先、早速チェーンメールがきました。人の不安や善意につけこんで何が面白いのでしょう。ケータイも自主規制していましたが それはおそらくチェーンメールだよ、と伝えましたが、きっと早い時期に 義捐金詐欺 もあるだろうから気をつけようと気をひきしめたりして、こんな非常時にこんな心配までしなくてはいけない、心無い一部の人に対して怒りました。
そういった怒りや心配から、 ふるさと納税 という形がいいのかもね、と家族で話していましたが、友人の一人がまさに 『自分になにができるか』を考えた人がいます。
私はその朝、支援物資や義援金について市役所HPにアクセスしました。佐賀県庁にリンクしてあったページで支援物資についての確認をしました。仕事が合ったので夕方買い物に行き、明日の夕方県庁に届けようと考えていましたが、それは今思えば本当にのんきな考えでした。一刻一秒を競うのですから判断力、決断力は必至です。
友人は忙しかったり自分で支援物資を運べない人もいるだろうから、家を回って県庁に届けるというのです。しかも、押し付けにならないメールでした。その考え、決断の早さに迷っていた私の心も固まりました。
夕方買出しし、翌朝一番に届けに行くと、県庁は支援物資専用駐車場も確保しており、職員の方が車まで取りにきてくださいました。ほとんどドライブスルー!
お役所仕事、なんて揶揄されることもあるけど、そんなことないです。一緒に行った主人と感激しました。
そして、昨夕テレビで支援物資の仕分け作業のボランティア募集について聞いたような気がして、今日問い合わせたところ、『応募がたくさんあり締め切りました』と。
私は県ボランティアに登録していたはずだから、テレビは聞き間違えたかな?と思ってしまって、また判断ミスです。

それでも、自分にできることを考えて動こうと思います。
健康、寒さ、衛生、メンタル、赤ちゃんのミルクも心配だし、学生さんには教育の整備、心配は尽きませんが、被災された方々を九州に迎え入れる準備もあるので、私たちはできるだけ経済の流れを滞らせたり、買占めをしないように、協力していかなくてはね。

****************************************************************************
【災害時のメンタルケア】
◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

私たちが落ち着いているか、
不安エネルギーをまき散らしているかによって、
様々なことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。
*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。
身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、
妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、
即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる全く違う番組にしてください。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。
***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!***


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。
その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、
身近な人に伝えてみてください。
スポンサーサイト
 
みこどうさん、佐賀は適切で迅速ですね。。。惑わされず、自分たちにやれることに取り組むことが今は大切ですよね。。地震後、千葉もチェーンメールが出回ってました。今年度幼稚園と小学校の役員してたので、その関係から10通くらい「至急まわして」とのメール。。。今も○○はどこのスーパーは売り切れ、どこそこで買えるよなどのメールがとびかってます。。ガソスタも昼からオープンなのに朝から大渋滞でした。。
その人たちのあせる気持ちもわかるけど、、
今はふりまわされないで落ち着かないといけないなと思ってます。。。
そうですね
復興は
長い長い間かかると思います。
送りたくても
送れない
届かない・・・。
歯がゆい思いですね。
九州も宮崎鹿児島が
火山灰で大変と思っていたら
今度は地震
津波・・・・・。
長い長い復興までに
みこどうさんの
力が何度も何度も
必要になることと思いますから
あまり思いつめないで
みこどうさんが倒れたら
大変ですよ
まだ整理がつかず、言葉足らずになりますが…
今回の震災に遭われた方のご冥福と、お見舞いを申し上げます。
第一報を聞いたのは仕事中でした。日ごろお世話になっている会社が東北に何社かあるのですが、地震直後から連絡が取れず心痛していました。帰宅後テレビを見てショックで言葉が出ませんでした。
支援物資を送りたくて毛布をクリーニングに出しましたが、受付時間に持っていけずまだ手元にあります。出来る事はすぐにはじめました。電気・ガス・水道、ガソリン、生活用品すべて控えめにしてます。同じ日本に生まれ、住まわさせていただいています。同じ状態で生活するのは難しいですが、少々不便でも避難されている方々に物資が行き渡っていただきたいと願い、考え行動したいと思います。私の周りは同じ思いで行動されています。今回の地震で子供の頃物を大切にする心、思いやりの心、なに不自由なく生活出来る事への感謝を習ったこと改めて痛感しました。復興するまで時間かかると思いますが、みんなで乗り越えれる様に頑張りましょう

できることから!
私が物資持ち込みに行った総合庁舎では
外に受付があり、寒い中職員さんが笑顔で待ち構えていました。
台車を押しながらニコニコです(*^-^*)
物資を運ぶのがとても嬉しい様子でした。

被災地を応援したいという気持ちが
たくさん集まってきて嬉しいんでしょうね。
ホントお役所仕事だなんてとんでもない話です。

私の友人は職場で義捐金を取り纏めて
それだけでは足りない気がすると言って
休日に救援物資搬送準備ボランティアに参加してます。

それぞれ行動の形は違っても思いは同じ!
長期にわたって支援が必要でしょうから
できる範囲で、できることから支えていけたらと思っています。

エコドライブもだいぶ慣れてきましたよ(^-^)v
ガソリンが減らなくて経済的♪

ururuさん
あれから数週間、買占めなのかなんなのか、佐賀にも波及されました。
お水のペットボトルがなかったとのことでした。
思うに、都会で暮らす親戚や子どもたちのために送っているんだろうと思いますが。
子どもがいると大変でしょうが頑張っているようですね!
元気もらえました。
襟巻マキコさん
気持ちはテレビを通して被災地に向かっていました。
ブログする気にもなれず。。。
私たち九州人にできることを探していきましょうね!
CTMSさん
取引先のみなさんはどうだったのでしょう。
気がかりですね。
みんな、何かしたい、と思って生活していますよね。
日本人はブームに乗りやすいし、忘れやすいけど、
ずっとこの気持ちをもっていようね!
kankanさん
kankanさんのお申し出に心動かされました。
本当にありがとう。
なんせひいたれなもんで、固まってしまう。。。
出遅れる。。。
予期せぬことには非力すぎですね。
エコドライブ、よくわからなくてググりました。
なるほど!
がんばります!
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://cocon314.blog115.fc2.com/tb.php/121-1c1440a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。